小魚を釣って食して飲酒する日記

東京湾周辺で細々と小魚を釣り、それを食す様子の記録です。
主に東京・川崎・横浜辺りの岸壁や釣り公園でやっております。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大ハロウィン万歳。

全くの違和感なく完全に日本に定着したハロウィンの季節がやってきたわけであります。

というわけでありましてかぼちゃのビールを飲みましょう。


スポンサーサイト
2010/10/14 2010年釣り初め。

東京 大井ふ頭中央海浜公園
東京 海老取川

14:30-15:30
16:00-20:00

「メンドクサイ」を含む諸事情により釣り業から離れていたわけですが、ハゼ釣りにて復活することに。エサはシーフードミックス(100円)でやってみようと考えていたが、久々の釣りなのに貧乏すぎるという気分になってきまして。予算を倍増してアオイソメ200円分を購入。大井ふ頭中央海浜公園へ向かう。

午後2時半、はぜつき磯に到着。見える範囲には釣り人二名のみで割とイヤな感じ。早速始めるもやはりアタリ無し。シーズン終盤なのでそれなりに覚悟はしていたが、いろいろと試してみてもまったくアタリ無し。夕焼けなぎさの方へ行ってみるとそこそこの釣り人達。チョイ投げで探っている人、遠投して待ちの人、ベテラン風でシモリウキ仕掛けでやっている人と様々。が、総員釣れている気配無し。ここにいると確実にボの予感がするわけでして。早めの移動を決定。

明確なアテがあるわけでもないが昭和島から海老取川に沿って自転車キコキコ。午後4時前に良さそうな感じの船溜まりを発見。時間も無いしちょっくらやってみると一投目から小ハゼ。アタリも引きもわからんかったがとりあえず一匹目をゲット。その後も流心近くまで投げるとちょくちょくアタリ有り。しかしなかなか針掛かりせずに約1時間でハゼ4に小セイゴ1。

通りがかりの地元釣り師さんによると多摩川本流の方が良いんじゃないかとのことで。すでに日没近くで今からの移動はちょっと迷ったが行ってみる。こちらも船溜まり的エリアになっており釣り人が多数。しかし時合が悪いのかアタリ無し。

結局元の船溜まりに戻って数匹を追加してやっと計9匹。日が落ちてからは反応が途絶えてしまい、ちょっと奥に移動してみたりしてみるがアタリ1のみでダメダメ。

午後6時半、ハゼはあきらめて多摩川との合流点に移動。残りのエサでテキトーにやってみるが、流れが強くオモリ(小)がかなりの勢いで流されるわけで。今日は軽い仕掛けしか持っておらず、「どこまで流されるか」などと遊んでしまうダメ状態。さらに寒さに尿意も加わって集中力ゼロ。

そんな感じでダラダラと過ごして午後8時に納竿。ハゼ釣りで9匹でどおもすいません。

きょうの釣果
- 毎度のことながら貧相な釣果画像。ハゼは7-11cmでした。 -
- まぁ、なんか釣れればいいか。 -

きょうの釣果

ハゼ9 セイゴ1

きょうの料理

ハゼの葛たたき

- ハゼの葛たたき -

小ハゼですが手綱結びにして葛をうって湯通し。出汁は頭と骨を焼いてとりました。
出汁が美味。シメジも美味。が、メインのハゼが思ってたよりも淡白。酒の濃厚さに敗北しております。
ふなぐち菊水3缶はプレゼントで当選。無料大好きというわけで並べて激写しました。
本日は赤缶(熟成吟醸生原酒)をオープン。ノーマル黄缶より香り高く、濃い。とても濃い。
菊水酒造さまありがとうございました。


干しセイゴと切干大根の生姜味噌煮

- 干しセイゴと切干大根の生姜味噌煮 -

セイゴを強めに干してから生姜を漬けてあった味噌床で煮ました。山椒の葉入りです。
おっさんというかおじいさん的な一品になっております。
もっと貧乏臭くなる予想だったが思ったよりも美味。

おしまい。
釣りに行かない釣り日記ブログですいません。

サイトのレイアウトを大きく変更しました。

釣りはそのうちに復活すると思われます。

多分。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。