小魚を釣って食して飲酒する日記

東京湾周辺で細々と小魚を釣り、それを食す様子の記録です。
主に東京・川崎・横浜辺りの岸壁や釣り公園でやっております。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2003/05/30 今度は外房遠征。

千葉 銚子マリーナ付近
千葉 外川港
千葉 銚子マリーナ付近

5:00-8:00
9:30-12:30
17:30-19:00

鹿島に続いて今度は外房に遠征。午前4時頃に銚子入りするも釣りエサ店が見つからじ。とりあえず先日の残りの青イソメでやることに。銚子マリーナでイシモチ狙いの投げ釣り開始。1時間ほどで1匹目ゲット。その後はアタリ無し。エサも無くなり一時中断して移動。

外川港の釣具店でエサと付近の情報を入手する。午前10時現在、最も潮が引いているとの事でよろしくないらしい。釣れる気配無し。ヤル気無し。というわけで投げ2本をブッコんだまま防波堤の上で就寝。2時間後起床、放置していた竿を上げるがエサがそのまま戻ってくる。ということで一時中断。

潮が上がるのを待ち、日没からのイシモチ一本に賭けることに決める。最終決戦場を決めるべく飯岡港を含める銚子周辺の港を偵察。黒生港では伊勢海老が目の前で上がる。「すごいっすねぇ」と声を掛けてみたが、うつむいて「あ、えぇ」といった感じのお返事。なんともアレな事情があるらしい。見渡すと専門に狙っている人が何人も。

いろいろ回ったが、結局銚子マリーナに戻る。午後5時すぎより再開。1投目、すぐにアタリ。いきなりの一荷で、1匹はなかなかの良型。その後もほぼ入れ食い状態で日没前にエサ切れ。最後の1投はイシモチとアナゴの一荷。バラシも多かったが約1時間でイシモチ9とアナゴ1をゲット。狙いが的中した模様で苦しゅうない。昼寝で真っ赤に被曝してしまったが遠征の甲斐があった。

きょうの釣果

イシモチ10 アナゴ1

きょうの料理 :昆布締め・・・普通にイシモチの昆布締め。
:フライ・・・普通にイシモチのフライ。
:イシモチの香り巻揚げ・・・白身とミョウガを海苔と大葉で巻いて天ぷらに。梅肉をのせて美味しゅうございます。
おしまい。
スポンサーサイト
2003/05/28 夕方にチョットだけやってみた。

横浜 福浦岸壁

18:00-20:00

夕マヅメ時のメバル狙いで八景島周辺へ釣行。胴突き仕掛けをヘチに落とし込むと1投目からメバルさんヒット。2投目、今度はカサゴ。爆釣の予感。しかしこの後はメバル1追加するのみ。どうやら午後7時から8時辺りが干潮下げ止まりだったらしく、潮が止まってからまったくアタらなくなった様だ。本命のメバルさんもゲットしたことだしネバっても無駄と判断し本日は早めに終了。

きょうの釣果

メバル2 カサゴ1

きょうの料理 :刺身・・・メバル1匹とカサゴ半身。数切れしかない。
:煮付け・・・残りのメバルとカサゴは半身だけ。涙ぐましい。
おしまい。
2003/05/27 鹿島港遠征。

茨城 鹿島港海釣り公園

15:00-20:30

久しぶりに鹿島港まで遠征。途中千葉県在住の某J氏をさそい、午後3時すぎに港エリアに到着。鹿島港海釣り公園でやることにする。

J氏は釣りはほとんど初めてらしいので簡単なミャク釣り仕掛けで始めてもらうことに。1時間ほどしてまずJ氏に何かヒット。なぜか小サバ。表中層にいるはずのサバをイソメ餌のミャク釣りでゲットしてしまうスーパーテクを見せつけられる。しばらくたってまたJ氏にアタリ。足元でデキのアイナメをゲット。自分も同じポイントをアイナメ(小)×2をゲット。しかしその後はまったくダメ。

暗くなり始めた頃、少し離れて釣っていたJ氏が何を釣ったらしい。どれどれと見に行ったが魚はいないわけで。どうやら途中まで巻き上げてから竿を置いて報告に来てしまったらしい。急いで巻くも水面まできたところでバレてしまう。イシモチだった模様。何というか欲望ムキ出しの俺とは正反対のまったり釣法といった感じだ。

結局それからアタリは遠のき、午後8時すぎに納竿。ここまで来て情けない結果だが2人とも釣れたのでまぁ良しとしよう。

きょうの釣果

小アイナメ2

J氏の釣果 :小アイナメ1 小サバ1
きょうの料理 :アイナメの昆布締め・・・小さくても意地で昆布締めに。虚しい。
:アイナメの洗い・・・小さくても意地で皮を炙ってから洗いに。皮が硬い。虚しい。
:サバの味噌焼き・・・全長10cmほど。味なんか無い。虚しすぎる。
おしまい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。