小魚を釣って食して飲酒する日記

東京湾周辺で細々と小魚を釣り、それを食す様子の記録です。
主に東京・川崎・横浜辺りの岸壁や釣り公園でやっております。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/25 ナブラを眺めつつ小魚漁。

川崎 東扇島西公園

14:45-21:30

ハゼでおビールもいいけどそろそろまともな魚が釣りたい。というわけで海底トンネルの通過がメンドクサイ東扇島西公園へ。

まずは中学時代から生き残っている「数学死ね」と書かれたジェット天秤を投入してから様子見。投げサビキの人が多くアジやサッパが上がっている模様。

本日はNEW自作仕掛けを持参。ゆっくり落とし込みたい、そして沖目も探りたい。が、軽い仕掛けを操る技術も精神力も無い。というわけで試作した、数個のシモリ玉とガン玉を組み合わせた「ゆるゆる沈む君1号」を投入。若干沈みが速いがとりあえず使えそうな感じ。

「ゆるゆる沈む君」を試していると数投目でアタリ。少しして足元でギンポとハオコゼを合体させたような謎の小魚(後にイソギンポと判明)をゲット。そしてちょっと遠めに投げて底付近をはわせるように探って10数cmのウミタナゴゲット。少し悩んだが一応キープ。おそらく小タナゴと思われるアタリが続き、同サイズをもう1匹を追加。

そんな感じで小魚漁をがんばっていると、隣の人がなにやら大物をゲット。早速見せていただくと40cmくらいのきれいな黒鯛。タナゴのアタリがどうしたとか言ってる自分が悲しい。

ほどなくすると小魚のアタリも減少。飽きてきた頃にイシガニをゲットするもその後は完全沈黙。なんとかせねばと思うがいいアイデアも浮かばずダラダラと時間がすぎていく。

毎度おなじみのダメモードだが海面は魚だらけ。至るところにナブラが立っており、大型魚が小魚の群れを追い回しているのが見える。常連さんによるとイナダや大きなアジが回遊して来るらしい。

午後6時半、日が落ちてきてラインが見づらいのでブラクリ的仕掛け+サンマエサに変更。カサゴ狙いでいろいろと探ってみるがジェット天秤1をゲットするのみでダメ。

日没後は完全に反応無し。周囲も釣れている感無し。かなりヤル気も無くなってきたので電気ウキ仕掛けにしてテキトーに放置。投げ竿も時々いじってみるがまったくもってダメダメ。

午後9時半に納竿。ほぼ「ボ」に等しい貧果でありました。


きょうの釣果

小ウミタナゴ2 イシガニ1

きょうの料理

イシガニとウミタナゴのつみれ鍋

- イシガニとウミタナゴのつみれ鍋 -

そろそろ夜は涼しくなってきたので鍋。というか他にやりようが無かったんですが。
つみれは中骨や頭からも意地で掻き集めて枝豆でかさ増ししてなんとか6個分を確保。悲しいです。
「メレンゲでフワフワに」とかしてますが、小タナゴ自体に味は無いです。悲しいです。
「上撰 梅一輪」は前回の外房釣行の際にゲットしてきた九十九里の地酒。

おしまい。
スポンサーサイト
2009/09/14 数年ぶりの外房。

千葉 一宮川河口
千葉 片貝漁港

23:00-0:00
0:30-1:30

千葉在住の友人にピックアップしてもらい久々の遠征。懐かしき外房への道を走り、午後10時に九十九里エリアに到着。

とりあえず片貝漁港を偵察してみるが、月明かりがまったく無く足元が見えぬほどに真っ暗。最近は常に明かりのある湾奥での釣りに慣れてしまっておりまして、暗黒の先にあるであろう堤防まで進出する気が起きずに断念。移動。

何度も釣行している外房だが数年ぶりというわけで、脳の劣化著しく釣り場への具体的なルートが思い出せない。九十九里浜を南下しつつ釣り場を捜索。以前にイシモチが釣れた一宮川河口に辿り着く。が、なんか工事中で状況が変わっており、真っ暗な上に波もやや高くなんかアレなのでまたも断念。

午後11時、時間も無いので河口より少しさかのぼった位置で開始。数投してみるが手前に障害物があるようで毎回引っかかるわけでして。どうにもやり辛いので仕方無く近くの橋の上からやる事に。久々の外房なのに川の橋の上からの釣りになってしまう無計画ダメ人間。

橋の上には釣り具のパッケージも落ちているので釣れないわけではないようだがイヤな雰囲気。1時間ほどやってみるが壮烈にイヤな雰囲気。どうせ釣れないならせめて海っぽい所でやりたい。というわけで運転する友人にお頼み申して再移動。

結局最初に来た片貝漁港まで戻り、とりあえずできそうな場所で再開。今日の展開的に絶対に釣れないとわかっていながら、意地で投げたり探ったりしてみたりしてみる。

ほどよく気が済んだので1時間ほどで終了。

釣行としてはダメダメだったが久々の外房で良い気分転換になりました。友人には翌日の仕事を含めて壮絶なスケジュールを強いてしまい申し訳なかった。


きょうの釣果

ゼロゼロワンダフル

おしまい。
2009/09/11 またしてもハゼでおビール。

東京 大井ふ頭中央海浜公園
東京 城南島海浜公園

17:00-19:45
20:30-22:30

今回は手軽でまいうーなハゼ釣りへ。バックパックひとつのみの軽装で発進。

午後5時前に大井ふ頭中央海浜公園に到着。いつもと違う場所を試してみるがダメな感じ。時間も無いのですぐに終了してはぜつき磯へ。

数人の釣り人がおって足場の良い釣り座が見つからないがとりあえず開始。やたらと軽いコンパクトロッドの扱いが久々でやり辛い。足場が悪い。そして装備軽量化の為エサ箱を持ってきておらず、エサ交換がメンド臭い。といった感じでどうにも落ち着けないスタート。

そろそろ天ぷらサイズになっているかと思い大きめな針を試すが針掛かりせず。アタリも前回よりやや少なく、小さい袖針で7~12cmがポツリポツリと釣れるといった感じ。投入場所によって根がかりがあり、数本しか持参しなかった袖針が品切れ。20年前に購入し予備役に就いていたワカサギ用の胴付き仕掛けを分解して使用。「針くらい買えよ、俺」などと思いながらポツポツと追釣。

日が落ちるまでに10匹ちょっとをゲット。これだけでは悲しいので何とか20匹揃える事を目標にして続行。運河を通過する屋形船から聞こえる「オラこんな村イヤだー」の歌声を聞きながら少ないアタリを拾っていく。

20まであとひとつ。何とかしようとやや遠めまでキャストして探っていると何かが引っかかる。上がってきたのは黒い雑巾、かと思ったが良く見てみると海中にて長期熟成されたパンツである事が判明。しかも女性用のTバック。激しくキモチ悪いがあと1匹の為にハリスを切るのは嫌なわけでして、屈辱に耐えつつ針を外すことに。マヂで勘弁してください。

最悪の釣り物に強力にヤル気ダウンだが意地で続けて最後の1匹をゲット。偵察程度に城南島に移動することにする。

午後8時半、城南島海浜公園に到着。早速第一投、根がかり。第二投、根がかり。10分ほどしてまた根がかりかと思ったら今度は魚。20cmに満たない小メジナだが「どーせ釣れんだろう」と思っていただけにちょっとヤル気アップ。欲望を出して広く探ってみるがやはり根がかりが多い。はんざつに針を交換しながら頑張ってみるも後は続かず。

結局その後はまったくアタリ無しで午後10時半に納竿。

パンツはリリースするわけにもいかず、かといって放置するわけにもいかず。死ぬほど気持ち悪いがビニール袋×3で密封して持ち帰って捨てました。マヂで勘弁してください。


きょうの釣果

ハゼ20 小メジナ1

きょうの料理

ハゼの海苔ピー揚げ ハゼのねぎソース和え

- ハゼの海苔ピー揚げ ハゼのねぎソース和え -

手前が焼きハゼをねぎとごま油のソースで和えたもの。ハゼは小さいですが美味しゅうございます。
左奥は海苔とピーナッツ衣の唐揚げ。なんと言いますかマンモスおいピーであります。どおもすいません。
サッポロラガーは現存する日本最古のビールブランドだそうな。しっかりした味のビールは久々。


塩締めメジナとたくあんの和え物

- 塩締めメジナとたくあんの和え物 -

ちょっと長めに塩で締めたメジナとたくあん、きゅうりを和えました。ソースはしょうが味噌味。皮はおまけ。
いろいろとあって塩をあててから4日間も放置してしまったメジナですが、
身が締まってクセも抜けてなんかいい感じになっておりました。

おしまい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。