小魚を釣って食して飲酒する日記

東京湾周辺で細々と小魚を釣り、それを食す様子の記録です。
主に東京・川崎・横浜辺りの岸壁や釣り公園でやっております。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2003/07/22 サッパ×95。

川崎 東扇島

5:00-12:30

湾奥にもようやくアジが回ってきたとの情報を入手、しつこい梅雨の晴れ間を狙って東扇島東洋ワンド角へ出撃。いつもどおり投げ2本、ヘチ1本を投入後、周りの様子を伺う。上がっているのはサッパらしい。

アミコマセが溶けるのを待ちきれずサビキを始めると、とりあえずサッパ。そしてサッパ。またサッパ。なんとサッパ。しかしながらサッパ。コマセ無しでも入れ食いに近い状態。少し深めにタナを変えると豆アジも混じるようになり、その後もサッパ10に豆アジ1の割合で延々と釣れ続く。一方の投げ、ヘチは絶不調。この状況下で気合を入れても仕方無いので昼までダラダラと遊んで終了。

ちなみに100匹の下処理に1時間ほどかかりました。

きょうの釣果

アジ9 カタクチイワシ1 メバル3 サッパ95

きょうの料理 :酢締め・・・ビールでも冷酒でもいけます。うまいっす。サッパってなんで人気無いんだろか?
:唐揚げ・・・揚げたてを塩とビールで。まいうー。個人的にアジよりまいうーかと。
:南蛮漬け・・・あまった唐揚げは三杯酢で保存。日ごとに味が深まっていきます。
おしまい。
-コメント-
-コメントの投稿-
管理者にだけ表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。