小魚を釣って食して飲酒する日記

東京湾周辺で細々と小魚を釣り、それを食す様子の記録です。
主に東京・川崎・横浜辺りの岸壁や釣り公園でやっております。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/10/02 久々の東扇島。

川崎 東扇島

19:00-22:00

「ハゼはもういらん、それよりアナゴの刺身を食いたい。」というわけで3日連続の釣行。途中のスーパーで1匹78円のサンマをエサ用にゲット。さらにドン・キホーテで携帯ラジオをゲット。寄り道しすぎで川崎の釣具屋に着いたのは午後6時。話によるとやはり東扇島はいいらしい。立ち入り禁止の警備が厳しくなっているらしいし、行く人は減ってる感じなんで避けてたんだが。とりあえず様子見で行ってみることにする。

午後6時半着、運河側のゲート手前で停めて岸壁の様子を見に行く。なんというか結構な数の釣り人がおります。「そこまでして釣りたいのか?」などと思いつつ、自分もそそくさと釣りバカ達の群れに入って開始。

まず1投目、ヘチ底。2本目の仕掛けを作り終わる前に早くもヒット。20cmほどのカサゴ。美味そう。2本目はアナゴ狙いの投げ、最後はヘチの中層狙いと3本の竿を出し終わる。そして本日の秘密兵器のサンマ君を捌き始めると、またヒット。メバル(中)。その後も飽きない程度にメバルを追釣。

とりあえず釣れたのでナイター中継を聞きながら置き竿でまったりしていたら、アナゴ狙いの竿が竿掛けごとガシャーンと倒れる。モロにビビる隣の釣り人A。来やがりました。凄い引きでなかなか上がってこない。今夜はアナゴ刺身確定などと思いながら巻き上げ中、ヘチ竿にもヒット。ヘチ竿を足で押さえつつ投げ竿を巻く。良型のアナゴとメバルをゲット。「上針にサンマ、下針に青イソメ大作戦」が当たった感じで苦しゅうないです。

きょうの釣果
- やっぱ東扇島は良いであります。 -

きょうの釣果

カサゴ1 アナゴ1 メバル5

きょうの料理

メバルの南蛮漬け

- メバルの南蛮漬け -

開いて頭ごと揚げてます。とりあえずおビールで勝利感浸りつついただく。
ちょっと頭が硬いかもしれん。


カサゴの煮付け

- カサゴの煮付け -

カサゴは何にしてもまいうーですが、今回は定番の煮付け。
カマから頭部のあたりをほじくりまわすとうまー。頬とか唇とか特にうまー。日本酒もうまー。


メバルの刺身

- メバルの刺身 -

肝と皮の煮付け

- 肝と皮の煮付け -

刺身がなんか微妙に臭い感じ。ヅケにして納豆と和えて食しました。
肝は普通に美味いです。残りを翌日に食べたらちょっとサイクーになっておりました。


骨せんべい

- 骨せんべい -

初めて作りました。顔せんべいも作ってみた。
なんか貧乏臭いイメージがあって今まで作んなかったけど激しく美味いです。
見た目の100倍はまいうーです。おビールも美味いであります。

おしまい。
-コメント-
-コメントの投稿-
管理者にだけ表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。