小魚を釣って食して飲酒する日記

東京湾周辺で細々と小魚を釣り、それを食す様子の記録です。
主に東京・川崎・横浜辺りの岸壁や釣り公園でやっております。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/02/08 初ソイ。

東京 東海埠頭公園
横浜 福浦岸壁
横浜 磯子釣り施設横

6:00-9:00
11:30-18:00
20:00-23:00

年間を通して最も水温の下がるこの時期だが、今年は一段と冷たくどの釣り場も不調らしい。「どーせ釣れないなら一番冷たそうなトコでやるぜ!」という特攻精神から、前日の雪解け水が注がれる湾奥へ出撃。

午前5時半、東海埠頭公園着。公園の駐車場は午前8時オープンらしいが、警備関係らしき車がすでにいる。とりあえずゲート前に停めて周囲を偵察。戻ってくるとなぜかゲートオープン。警備員は何も言わずに去っていく。良くわからんが公園内部へそそくさと侵入。投げ3本でひたすら待つ。そして日の出。アタリ無し。エサ取りも無し。釣れる感全く無し。運河なので海釣り感も無し。頭上の湾岸線を見上げると横浜方面に行きたくなってくるわけでして。今日は近場で軽く済まそうと思っていたが、欲望に負けて移動決定。

午前11時、福浦岸壁八景島側着。駐禁の予感が全開なので車が見える位置で開始。壮烈な風で釣りにならない。どおりで誰もいないわけだ。ほどなくして予想通りパトカー登場。風裏になる安全な場所へ移動する。平日ながらそこそこの釣り人達。「やっと落ち着いてできるぜ」と思ったが、ヘチも投げも全くもって反応無し。周囲を見てやはりダメな雰囲気。妥協して帰ろうかと思うほどイヤな感じ。午後2時すぎ極小サビハゼがひっかかってくる。その後も完全沈黙。

午後4時近く、暇なので周囲を偵察しているとケーソンの張り出しに微妙な隙間発見。遊び半分で仕掛けを投入してみると、即ヒット。そこそこサイズのムラソイゲット。初のソイっす。やっとの獲物ゲットで多少ヤル気が復活。同ポイントへ再投入、またアタリ。が、のらなかった。そして沈黙の時間が再到来。一切のアタリも無く日が暮れていく。

初ソイ

ここまで来たし、エサも残ってるし、移動して夜メバルすることに決定。でもその前に先ほどのソイポイントへ。実は同ポイントへ少量のコマセを入れ続けていた執念深い俺。1投勝負のなので、地面に落ちていたグチャグチャに絡まった2本針をテキトーに装着。そして投入。やっぱりいやがりました、同サイズのソイゲット。喰いの渋い真冬でも、狙いが当たると苦しゅうないであります。

午後6時移動開始。根岸湾奥でやるつもりだったがあまりに強烈な向かい風で不可。しかたなく磯子釣り施設横で再開。すでに午後8時。寝不足と疲れで一度車に乗るとヤル気が一気にダウンするが、とりあえず投げてみる。ナマコゲット。ヤル気さらにダウン。仕掛けの再投入もダルい。仕方無くといった感じで続けていると、凄まじく重い何かが。夜釣りにおいて「やたら重い何か=エイリアン的な何か」と決まっているわけで。やっとのことで揚陸させると。ナマコ、エクストララージ。30cm近い黒い物体は暗闇の中でキモさアップ。そしてヤル気は激しくダウン。竿を放置したまま途方に暮れる。もう帰りたい。昨日は3時間しか寝てないし、もう無理っすよ。早く帰ってその他の雑酒②でも飲みながら志村けんのだいじょうぶだぁIIでも観てまったりしたい。

そんな俺の脳に大本営より入電。「ト、ト、ト、・・・」。全軍突撃せよ。楽しいはずの釣りが拷問的な何かへと変わっていく。ヤケクソ気味に投げを投入、意地でウキメバルも始める。ウキ釣り初心者なもんで要領が良くわからんわけでして。水深は3-4メートル(だと思う)。ウキ下は2メートルちょい(でいいのかな)。まったくもってテキトー。しかし10分ほどするとウキが沈んだように見えた。目が死にそうなので自信が無い。多少ヤル気を出してみると。今度は激しく消し込む。キター!ウキ釣りでの初メバルは20cmオーバーの良型。その後も2匹を追加。なんか真面目にやればまだ釣れる感じだがキリが無いので終了。ふと時計を見ればなんと午後11時。文句言いつつもそこそこ熱中しておりました。


きょうの釣果
- ソイは美味らしいので期待。 -

きょうの釣果

ムラソイ2 メバル3 サビハゼ1

きょうの料理

ソイとメバルの刺身

- ソイとメバルの刺身 -

ソイの刺身とメバルの昆布締め。激ウマとされるソイを食すのは初めて。美味しゅう御座います。
黒いのは大根のソイ皮巻き。根魚系は皮がまいうーであります。


ソイとメバルの煮付け

- ソイとメバルの煮付け -

下がソイ。メバルはおまけ。まいうーです。が、しかし長めに煮たのに煮崩れが全く無い。
というか胸ビレつまんで持ち上げられます。身離れしないので箸で食べられん。
結局手を使用。グラスがベタベタ。タオルもキチャなくなって非常に食べづらい。
せっかくのソイ君だったのにちょっとショック。


揚げ骨 2色ディップ

- 揚げ骨 2色ディップ -

骨とか頭とか残骸全部が入ってます。銀杏と空豆も素揚げも入ってます。
赤ディップはトマトと豆板醤ベース。白い方はランチドレッシングのまねっこ動物的な何か。
おビール100杯ぐらいいけそうです。でも油の処理がメンドクサイ。

おしまい。
-コメント-
-コメントの投稿-
管理者にだけ表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。