小魚を釣って食して飲酒する日記

東京湾周辺で細々と小魚を釣り、それを食す様子の記録です。
主に東京・川崎・横浜辺りの岸壁や釣り公園でやっております。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/02/23 1投目からゲットしましたが・・・。

横須賀 観音崎
横浜 根岸湾

6:00-15:00
18:00-23:30

今日もしつこくカレイ狙い。久里浜港を偵察してから観音崎へ。ここでやるのは初めてなので状況が良くわからない。とりあえず堤防先端から投げてみる。三脚を置く場所を考えていると大量のゴミを発見。様々な釣り具のパッケージ、使用済み仕掛け、使いかけのエサ、リチウム電池や小物類、さらにはリールまでが放置されている。なんというか捨てたというより夜逃げといった様相。仕方無く掃除を開始する。「おい神様。ちゃんと見てますか?俺が欲しいのはカレイですよ」などと思いつつゴミを拾うナイスな俺。

カレイ

夜が明けてすぐ、釣り人A登場。カレイ狙いらしいが「今年は良くないねぇ」といつもの合言葉。場所を空けるために竿を上げてみると何か掛かっている感じ。日頃の行い効果キター!小さいながら1投目からカレイゲット。「おい神様。次はもっとデカいヤツですよ」と心の中でアピールし、寝転びながらアタリを待つ。まさに「人事を尽くさず天命待つ」といった感じだ。幸先は良かったはずだが、その後一切アタリが来ない。隣の釣り人Aもクジメ1をゲットするのみで沈黙。結局、朝6時から午後3時までの成果は2人で2匹だけ。ゴミの中からエサと未使用電池をパクったのを神は見逃さなかった様だ。ここはあきらめて根岸湾へ転進を決定する。

根岸湾着は午後4時半。アナゴ、フッコ狙いには早すぎるのでコンビ二に行くことにするが、ここで多摩っこの俺は凄まじく道に迷ってしまう。渋滞+尿意で壮烈にイライラ。結局、変な海苔巻とC.C.レモンの為に2時間近くを費やしてしまう。午後6時半コンビ二より帰還、無駄に疲れたので投げ2本を放置して車内でまったり。

1時間ほどして一見ベストポジション風の端が空く。早速移動、ヤル気をだしてウキも始める。しかし全く反応無し。というか朝イチの一発以来全く反応無し。あきらめかけたそのときウキが沈む!と思ったら根掛り。そして貴重な電気ウキをロスト。漆黒の根岸湾に無駄な光を放ちながら漂流するお気に入りのウキ君。失意の中、投げ竿を上げるとこっちも根掛り。昨日買った天秤ロスト。もう1本の投げ竿も上げる。根掛り。またも天秤ごとロスト。うおー!二度と釣りなんかしねーぜ!午後8時撤収。


きょうの釣果
- 朝の一発のみでした。はぁ。 -

きょうの釣果

カレイ1

頂き物

クジメ1

きょうの料理

カレイの唐揚げ

- カレイの唐揚げ -

15×10cmほどのミニチュアモデル。店で出されたらちゃぶ台返しは必至。
中骨をお皿っぽくしようとしてやりすぎてしまった。


クジメの酢の物

- クジメの酢の物 -

おろし胡瓜と梅肉がけ。丸1匹でこれだけ。
貰い物に文句をつける俺。どおもすいません。

おしまい。
-コメント-
-コメントの投稿-
管理者にだけ表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。