小魚を釣って食して飲酒する日記

東京湾周辺で細々と小魚を釣り、それを食す様子の記録です。
主に東京・川崎・横浜辺りの岸壁や釣り公園でやっております。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/03/15 カレイって絶滅したんでしょうか。

横須賀 うみかぜ公園
横須賀 海辺つり公園
横浜 磯子釣り施設横

4:00-6:30
7:30-14:30
16:00-22:00

本日は早朝午前4時に横須賀うみかぜ公園到着。さすがに誰もいないので、いつもは先客がいるポイントで開始。投げ2本を入れてから根魚狙いを開始。捨て石周りで爆釣の予定だったが根掛りの嵐。気温1~2℃、真っ暗闇の中、1時間以上も投げては仕掛けを作り直すの繰り返し。手の感覚が無くなって根魚狙いあきらめ。今日も楽しいスタートだ。そんなルンルン気分の俺に漁船が急接近。釣り座から15メートルほどの至近距離で底引き漁を開始。と同時に2本の投げ竿に激しすぎるアタリ。漁船ゲット!というか投げ竿が逆ゲットされる事態に。急いで救出するも両方とも天秤ごとロスト。しかも1本は買ったばかりのテーパーラインごとロスト。マヂっすか?朝マヅメの爆釣タイムのはずがこの悲劇。目の前の獲物を文字どおり根こそぎ持って行かれ呆然。とどめに強い向かい風も吹きだしてあまりに楽しすぎるので早速撤退。

午前7時半、海辺つり公園で再開。風は弱まり、やり易くはなったがまったくアタリ無し。何時間もアタリ無し。しつこく粘っているとナマコ(大)をゲット。キモすぎる。釣り人Aが「いいのあげたね」と一言。冗談かと思ったが食べるらしい。いつかはトライと思っているものの、見た目が絶望的にキモい。調理法を聞くと、「口を切って内臓を出し、刺し身か酢の物で」とのこと。「ホラー映画ですか?」と聞き返したくなる感じだ。結局釣り人Aが素手で鷲づかみにしてお持ち帰り。その後もまったく反応無し。このままだとボーズの予感全開なので再移動決定。

磯子釣り施設横へ早めの到着。相変わらずたくさんの釣り人達。運良く空いたポイントに投げをブッコんで夕マヅメ時を待つ。2時間ほど時間をつぶして午後6時頃から真面目に始める。オキアミ+チヌパワーのコマセで爆釣のはずがまったくダメ。あまりにダメダメなので意地になって橋脚すれすれを狙うと、電気ウキロスト。意地になって余計なことをするとロクな事が無い。「わかっちゃいるけどやめられないの法則」といった感じ。

午後8時。開始から実に16時間が経過したところでウキに初めての反応。しかし完全あきらめモードでボーっとしていた為にアワセそこねる。執念で再投入。程無くしてアタリ。小メバルゲット。同ポイントで小メバルを数匹追加。最後にメバルとは違う妙なアタリ。ギンポゲット。銀宝は小学生以来で久しぶり。最後の最後でなんとかボーズは回避したものの労力に見合わない悲惨な結果。午後10時納竿。


きょうの釣果
- 釣行費用と労力を考えると。もう疲れた。 -

きょうの釣果

メバル5 ギンポ1

きょうの料理

メバルのフリット

- メバルのフリット -

わざわざタルタルソースを作りました。揚げたトマト、パセリ、オニオンも乗っております。
しかしやたらと白くてよくわかりません。なんでこんなに白く写るんだろか?


メバルとギンポの唐揚げ

- メバルとギンポの唐揚げ -

ギンポは小さくても身がしっかりしててまいうーです。
九州在住の小学生時代にも釣ったことがあるが、地元釣り師に「そんなの喰えないよ」と言われて
友人宅の水槽で飼っていた記憶があります。九州では食べないのか?それともダマされたのか?
まぁいいか。

おしまい。
-コメント-
-コメントの投稿-
管理者にだけ表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。