小魚を釣って食して飲酒する日記

東京湾周辺で細々と小魚を釣り、それを食す様子の記録です。
主に東京・川崎・横浜辺りの岸壁や釣り公園でやっております。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2003/05/30 今度は外房遠征。

千葉 銚子マリーナ付近
千葉 外川港
千葉 銚子マリーナ付近

5:00-8:00
9:30-12:30
17:30-19:00

鹿島に続いて今度は外房に遠征。午前4時頃に銚子入りするも釣りエサ店が見つからじ。とりあえず先日の残りの青イソメでやることに。銚子マリーナでイシモチ狙いの投げ釣り開始。1時間ほどで1匹目ゲット。その後はアタリ無し。エサも無くなり一時中断して移動。

外川港の釣具店でエサと付近の情報を入手する。午前10時現在、最も潮が引いているとの事でよろしくないらしい。釣れる気配無し。ヤル気無し。というわけで投げ2本をブッコんだまま防波堤の上で就寝。2時間後起床、放置していた竿を上げるがエサがそのまま戻ってくる。ということで一時中断。

潮が上がるのを待ち、日没からのイシモチ一本に賭けることに決める。最終決戦場を決めるべく飯岡港を含める銚子周辺の港を偵察。黒生港では伊勢海老が目の前で上がる。「すごいっすねぇ」と声を掛けてみたが、うつむいて「あ、えぇ」といった感じのお返事。なんともアレな事情があるらしい。見渡すと専門に狙っている人が何人も。

いろいろ回ったが、結局銚子マリーナに戻る。午後5時すぎより再開。1投目、すぐにアタリ。いきなりの一荷で、1匹はなかなかの良型。その後もほぼ入れ食い状態で日没前にエサ切れ。最後の1投はイシモチとアナゴの一荷。バラシも多かったが約1時間でイシモチ9とアナゴ1をゲット。狙いが的中した模様で苦しゅうない。昼寝で真っ赤に被曝してしまったが遠征の甲斐があった。

きょうの釣果

イシモチ10 アナゴ1

きょうの料理 :昆布締め・・・普通にイシモチの昆布締め。
:フライ・・・普通にイシモチのフライ。
:イシモチの香り巻揚げ・・・白身とミョウガを海苔と大葉で巻いて天ぷらに。梅肉をのせて美味しゅうございます。
おしまい。
-コメント-
( ´∀`) フハハハ
良かったら俺も釣ってくれ。
( ´∀`) フハハハ
-コメントの投稿-
管理者にだけ表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。