小魚を釣って食して飲酒する日記

東京湾周辺で細々と小魚を釣り、それを食す様子の記録です。
主に東京・川崎・横浜辺りの岸壁や釣り公園でやっております。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/17 銀輪部隊再出撃。

川崎 浮島つり園

17:00-22:00

先日は初の自転車釣行だったが問題無しでいい感じだったわけでして。今回はアナゴ狙いで川崎方面に銀輪部隊再出撃することに。いつもは現場でテキトーに作っていた身エサを事前に準備。サンマ短冊にたたいたワタと塩を和える。美味そうすぎるので焼いて食べる。うまー。スルメ短冊も同様に。これも焼いて食べる。うまー。端っこを人間様が食べて美味そうなトコを魚様のエサ用にキープ。出撃準備完了。

今回は片道40kmほど。エサ購入も含めて約3時間で浮島つり園に到着。数年前に来たときは不法投棄された各種汚物のせいで絶望的なキモさだったが、現在はきれいに整備されたまともな公園になっている様子。

まずは釣り公園外の元フェリーターミナル側のスペースで開始。とりあえず投げ2本を投入してからルアーで遊んでみる。かなり浅い感じ。「どんだけ浅いんだろ?」と手前に落としてみる。と、2秒で着底、根がかり、高級ルアー君ロスト。余計な事をするとロクな事が無いのはわかってはいるんだが相変わらずのダメスタート。すぐに釣り公園内に移動。

浮島つり園
- 対岸。羽田空港拡張中。 -

向かい風がかなり強く、満潮で時折しぶきかかる。凄まじくやりづらい。投げ、へチ共にダメダメな感じ。エサもそのまま返ってくる。かなり厳しい感じだが自転車なので簡単には移動出来ないのが辛い。へチを探り歩いてもダメ。釣り座を変えてもダメ。駄々こねてもダメ。ダメなものはダメで完全沈黙。そしてとどめの雑巾(大)をゲッツして茫然自失。完全にあきらめてデジカメで遊ぶ。潮が動き始めればアナゴタイム到来などとかすかに考えつつも、ほぼ完全にあきらめモードで3時間が経過。

午後8時、このままではイカン。ということで公園奥の方へ移動。海草だかゴミだか底がなんか変な感じ。巻き始めがやたらと重いが少しすると軽くなるわけで。気になって海底の様子を探っていると何かがくっついてくる。ゴミかと思ったらアナゴ(小)ゲッツ。30cmも無いメソアナゴだが奇跡のボーズ脱出。「空港工事の影響で魚がいなくなったのでは?」などという根拠の無い疑惑が解消されて多少だがヤル気アップ。

午後9時、「今日はこんなもんで終わりかぁ」といった感じでボーっと竿先を見ているとはっきりとしたアタリが。サンマエサでまともサイズのアナゴをゲット。ついにアナゴさん活動開始の予感。風も弱まってきていい感じ。少ししてまたアタリ。が、バラし。10分ほどしてまたアタリ。今度はイカ短でゲット。さっきより少しサイズアップ。完全あきらめから奇跡的に復活。

アナゴその1
- アナゴその1。28cm。 -
アナゴその2
- アナゴその2。45cm。 -

アナゴその3
- アナゴその3。49cm。 -

ネバってもう1本という欲望もあったが、帰りのキコキコタイム的にも限界の午後10時に納竿。本命のアナゴ3本ゲット。用意してきたサンマとイカの双方を喰ってくれて苦しゅうないであります。


きょうの釣果

アナゴ3

きょうの料理

穴子の刺身と焼き霜

- 穴子の刺身と焼き霜 -

肝と皮を添えました。今回の穴子は脂が乗って無い感じ。
焼き霜には梅肉ソース。皮を付けすぎてちょっと硬くなってしまった。


煮穴子

- 煮穴子 -

普通に煮穴子。普通に美味しゅうございます。
長さの割りに細いなぁとは思っていたが、やっぱり脂が乗って無い感じ。
煮ツメは数年間執念深く継ぎ足し保存しております。


穴子の隠元と人参巻き

- 穴子の隠元と人参巻き -

隠元と人参を穴子と薄焼き卵で巻いて蒸しております。
ソースは煮ツメをのばしたものです。
テキトーに蒸したら皮が硬いっす。でっかく切りすぎで食べづらいっす。


穴子と胡瓜の煮凝り

- 穴子と胡瓜の煮凝り -

煮凝ってしまいました。
不安だったけどちゃんと固まりました。
予想外にまいうー。

おしまい。
-コメント-
うまそうです。川崎でアナゴ釣れるんだね。おなか減りますた。
>地ばっ子さん
「羽田沖のアナゴは一番美味しいと言われてきたんだ。」by山岡さん
今回のは脂が乗ってなかったっす。
イワシがまだいけそうなのでまた行くかもしれんです。
-コメントの投稿-
管理者にだけ表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。