小魚を釣って食して飲酒する日記

東京湾周辺で細々と小魚を釣り、それを食す様子の記録です。
主に東京・川崎・横浜辺りの岸壁や釣り公園でやっております。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/12/31 寒い・・・。こころ、寒い・・・。(大晦日編)

川崎 大川町緑道公園

19:30-01:00

マルチャンの高級天そば(104円)を食して年越し準備完了、川崎方面へ今年最後の出撃。

午後7時半に大川町緑道公園に到着。投げ2本を投入してから今回もしつこくフッコ狙いのウキ釣りを開始。仕掛けを作り終えて立ち上がった瞬間、「バキッ」とウキが大破。寒さでつま先の感覚が無かったわけでして、思いっきり踏んづけておりました。予備には小さいウキしか持っておらず、風にあおられて死ぬほどやりづらい。というわけで毎度おなじみのダメスタート。

午後8時半、かなりイヤな感じなのでエサにサンマを併用しアナゴも狙うことに。ほどなくすると「コンコン」といった感じの小さなアタリが。「すわ、カレイか?」などと釣り人特有の前向き妄想をしつつ、ゆっくりと食い込ませてから3度目のアタリでアワセ。アタリはカレイっぽかったが引きはモロにアナゴ。とりあえずアナゴゲッツでボウズは脱出。

その後はまったくアタリ無し。エサ取りも無し。投げもウキもまったく何の変化も無し。

午後10時、釣り座を移動。少しして投げ竿を上げてみると今までに体験したことの無い激しい引き。岩じゃないかと思うほどに重いが、「ガクガクッ」と確かな生命反応があるわけで。重さ的にエイやサメ等のエイリアンの悪寒もするが一応期待。が、巻き上げ途中で突然スカッとさわやかにスッコ抜けて終了。

その後は完全沈黙。アナゴなら来るだろうと狙いを絞るがまったくダメダメ。風は止まず気温も下がってきてかなり辛い。本日は紅白歌合戦を聞きながらまったりする予定だったが、とにかく動き続けていないと凍死な感じ。それなりの防寒対策はしているものの、先日髪を短く切ったため後頭部からの放熱が著しく震えが止まらない。そして暗闇の中でイヤホンから聞こえてくる森進一の歌声が寒怖い。

そうこうしているうちに午前0時。工業地帯で北風に凍えるという素晴らしい年明けを迎える。

午前1時、一時中断して移動。

「寒い・・・。こころ、寒い・・・。(元旦編)」へつづく。
-コメント-
-コメントの投稿-
管理者にだけ表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。