小魚を釣って食して飲酒する日記

東京湾周辺で細々と小魚を釣り、それを食す様子の記録です。
主に東京・川崎・横浜辺りの岸壁や釣り公園でやっております。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/06/25 ハゼでおビール。

東京 大井ふ頭中央海浜公園

15:45-19:30

「デキハゼの唐揚げでおビール」シーズンインなわけでして。本日は近場で手軽なハゼ釣りへ。「ハゼの泳がせでフッコ」などと欲望を出さぬようハゼ用仕掛けのみの軽装で出撃。

午後3時半、大井ふ頭中央海浜公園に到着。まずは夕焼けなぎさの釣り人を見学、そこそこ釣れている模様。睡眠不足で「ぼー」っと眺めていると著しくヤル気が無くなってくるので、はぜつき磯の方に降りて実釣開始。

ウキ釣りで始めてみるが久々の軽い仕掛けでどうにもヤリ辛い。「ハゼはテキトーでも釣れる」と思っていたが、いざ始めてみるといまいち感覚がつかめず。ポイント的にもどうも不安。デキハゼ釣りで「ボ」の屈辱は許されじ、良さそうな所を探して早々に移動。

扱い辛いウキは止めてシンプルなミャク釣りに変更。すると数投目でプルプルッとした懐かしき小ハゼの反応。しかしアタリは頻繁にあるが、なかなか針掛かりせず。針のサイズが原因と思われるがメンドーなんでそのまま続行。そんな感じでテキトーに続けて1時間で2匹。

いくらなんでもデキハゼ2匹はヒドすぎる。多少ヤル気を出して小さめな針に交換するとすぐに針掛かりするようになる。5~10cmを中心に数匹ゲッツ、中には3cmメダカサイズも混じる。そこそこ釣れ出したのでエビエサを試用してみるがアタリは続く。SHOP99で50円で買った高級エビ君だが喰いが良ければ使用可な感じ。

アタリが減ってちょっと飽きてきたので足元にエビ片を投入してみると、大量のハゼ(極小)が群がるのが見える。他にもイナっ子、エビ、カニ、ヤドカリ、エイリアン等の各種海洋生物が「ここは養殖池ですか」と思われるほどに密集。湾奥の運河だが密かにわくわく動物ランドであることが判明。活きエサ調達も可能なんて思ってみたりする。

少しするとアタリが復活。やがて投入の度にアタルようになる。相変わらずの低針掛かり率だが、少しづつコツをつかんでちょいちょいと追加していく。日没前に地元釣り師が登場、周辺情報などいろいろと聞きかせていただきつつさらに追釣。

午後7時半、食す分は釣ったし、キリが無いので終了。不安なスタートだったが結果は7cm以上の数十匹をキープ。本日は装備重量、走行距離ともに軽めということで、遠回りして海老取川→多摩川河口の釣り場を偵察してから帰宅。


きょうの釣果

ハゼ31

きょうの料理

ハゼのかき揚げ

- ハゼのかき揚げ -

「かき揚げはこの時期ならでは」ということらしいのでやってみた。
みょうがバージョンとごぼうバージョンです。ハゼは小型でも味があって美味しゅうございます。
落とした頭もかき揚げにしましたが見た目がアレすぎるので撮りませんでした。


ハゼといんげんの黒酢南蛮漬け

- ハゼといんげんの黒酢南蛮漬け -

大きめなものを頭ごと揚げて、黒酢ソースに軽く漬けました。
おまけのつもりのプチトマトが美味であります。むしろトマトがまいうーだったりします。

おしまい。
-コメント-
堤防さん、こんにちは。
デキハゼのかき揚げ、ビールと最高に合いそうですね!
とても美味しそうですね。
黒酢南蛮漬けも、からっと揚がったハゼに甘酸っぱいソースがマッチして美味しそうですね。
ヘチローさん、こんばんは。
小さくて調理がメンドーですが美味でした。
もう少し大きくなってから行けるかなと考えてます。
凄い!
また、お邪魔させて戴きます。

う~ん!と唸る様なレシピ!
相変わらず凄い!!!!!!!

しかも~お酒は刈穂!ツウですね~
自分もお気に入りのお酒が有りますが・・・・
公表出来ないのが辛い・・・・

ってか~今年の出来が悪い?
恐らく醸造米を変えて偽証表示と思われる!
か?醸造アルコールを3倍増しですかね~?

そうそう自分の釣果は・・・・悲し過ぎるくらい
貧果です。。。。。涙
○んぽ師さん、こんばんは。
ただ酒好きで通では無いんですが、釣果のあった時だけちょっと高いのを買ってます。
酒原料の偽装は無いと思いたいですが、考えられない事でもないですよね。
「うーんうまい」とか言ってたのが偽装酒だったら悲しすぎです。
utsuwa
こんばんわ。いつも楽しく拝見しております。
美しいお料理の盛り付けにうっとりさせていただいております。
いつも感心するのは、器が素敵なこと…。
私も器にはこだわりを持つ方で、たとえばガストで「コカコーラ」のマークのついたグラスで、アイスコーヒーを飲むのに抵抗を感じる方です。
また、これはオフクロがそうだったんですが、カップソーサーを醤油皿に使うのは頼むからやめてください!! という環境で育ちましたので…。
素敵な器を自ら買い集めて、というまでにはいたりませんが、せめてこの料理にマッチするのはこれだろう、というくらいには気にするようにしています。
堤防さんは写真術も相当な手腕ですね。
釣りに関心の無い女房も、このブログだけは「おっ穴子?」みたいに食いついてきます。
今度は釣りのお話を是非。次回の釣行紀を楽しみにしております。
青釣さん、こんばんは。

うちの親も器とか気にするほうでした。昔は「メンドーなこと気にするなぁ」と思ってました。自分は普段はテキトーな時もありますが、釣った魚はお大事に料理して自己満足するといった感じです。

使用している器には密かにダイソー品も混じってまして、「100円に見えない皿」を探すのも好きだったりします。

料理撮影は「料理 撮影 コツ」で検索した程度ですが、フラッシュ無しでアップで撮ると良いそうです。
-コメントの投稿-
管理者にだけ表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。