小魚を釣って食して飲酒する日記

東京湾周辺で細々と小魚を釣り、それを食す様子の記録です。
主に東京・川崎・横浜辺りの岸壁や釣り公園でやっております。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/11 またしてもハゼでおビール。

東京 大井ふ頭中央海浜公園
東京 城南島海浜公園

17:00-19:45
20:30-22:30

今回は手軽でまいうーなハゼ釣りへ。バックパックひとつのみの軽装で発進。

午後5時前に大井ふ頭中央海浜公園に到着。いつもと違う場所を試してみるがダメな感じ。時間も無いのですぐに終了してはぜつき磯へ。

数人の釣り人がおって足場の良い釣り座が見つからないがとりあえず開始。やたらと軽いコンパクトロッドの扱いが久々でやり辛い。足場が悪い。そして装備軽量化の為エサ箱を持ってきておらず、エサ交換がメンド臭い。といった感じでどうにも落ち着けないスタート。

そろそろ天ぷらサイズになっているかと思い大きめな針を試すが針掛かりせず。アタリも前回よりやや少なく、小さい袖針で7~12cmがポツリポツリと釣れるといった感じ。投入場所によって根がかりがあり、数本しか持参しなかった袖針が品切れ。20年前に購入し予備役に就いていたワカサギ用の胴付き仕掛けを分解して使用。「針くらい買えよ、俺」などと思いながらポツポツと追釣。

日が落ちるまでに10匹ちょっとをゲット。これだけでは悲しいので何とか20匹揃える事を目標にして続行。運河を通過する屋形船から聞こえる「オラこんな村イヤだー」の歌声を聞きながら少ないアタリを拾っていく。

20まであとひとつ。何とかしようとやや遠めまでキャストして探っていると何かが引っかかる。上がってきたのは黒い雑巾、かと思ったが良く見てみると海中にて長期熟成されたパンツである事が判明。しかも女性用のTバック。激しくキモチ悪いがあと1匹の為にハリスを切るのは嫌なわけでして、屈辱に耐えつつ針を外すことに。マヂで勘弁してください。

最悪の釣り物に強力にヤル気ダウンだが意地で続けて最後の1匹をゲット。偵察程度に城南島に移動することにする。

午後8時半、城南島海浜公園に到着。早速第一投、根がかり。第二投、根がかり。10分ほどしてまた根がかりかと思ったら今度は魚。20cmに満たない小メジナだが「どーせ釣れんだろう」と思っていただけにちょっとヤル気アップ。欲望を出して広く探ってみるがやはり根がかりが多い。はんざつに針を交換しながら頑張ってみるも後は続かず。

結局その後はまったくアタリ無しで午後10時半に納竿。

パンツはリリースするわけにもいかず、かといって放置するわけにもいかず。死ぬほど気持ち悪いがビニール袋×3で密封して持ち帰って捨てました。マヂで勘弁してください。


きょうの釣果

ハゼ20 小メジナ1

きょうの料理

ハゼの海苔ピー揚げ ハゼのねぎソース和え

- ハゼの海苔ピー揚げ ハゼのねぎソース和え -

手前が焼きハゼをねぎとごま油のソースで和えたもの。ハゼは小さいですが美味しゅうございます。
左奥は海苔とピーナッツ衣の唐揚げ。なんと言いますかマンモスおいピーであります。どおもすいません。
サッポロラガーは現存する日本最古のビールブランドだそうな。しっかりした味のビールは久々。


塩締めメジナとたくあんの和え物

- 塩締めメジナとたくあんの和え物 -

ちょっと長めに塩で締めたメジナとたくあん、きゅうりを和えました。ソースはしょうが味噌味。皮はおまけ。
いろいろとあって塩をあててから4日間も放置してしまったメジナですが、
身が締まってクセも抜けてなんかいい感じになっておりました。

おしまい。
-コメント-
堤防さん、こんにちは。

ハゼ、メジナ以外に、すごいものを釣ってしまいましたね(笑)
ハゼのねぎソース和えは、想定外のメニューでしたが、想像していると、よだれが出そうになります。

そして、ハゼの海苔ピー揚げですが、なんとも食感が良さそうですね。そして海苔の風味と揚げたピーナッツの香ばしさが、ビールにとても合いそうですね。たまりませんね。私は、最近、本物のビールを飲んでおりませんが・・・
塩締めされたメジナもまた、生姜味噌とマッチしてとても美味しそうですね。

楽しい釣行記と、ものすごく美味しそうなお料理また、楽しみにしております。
ヘチローさん、こんばんは。

アノ獲物は釣り雑誌に投稿しようかと思ってしまいました。

ハゼはまだ小さいですが唐揚げ以外でも美味でした。自分で釣った魚だから美味という部分もあると思いますが・・。
本物おビールは自分も釣果があった時のみにしてます。
こんばんわ。
記念すべき第1回の銀輪釣行の紹介が、今から約1年前…。
思えばあの時の爆釣(カサゴ6、メジナ3)はすごかったですなぁ…。
料理も美しく、美味そうだった…。
それにしても毎回片道35~40キロの銀輪釣行、本当に頭が下がります。
堤防さんにあやかって、私も今度挑戦してみようと思っているのですが果たして実行出来るかどうか…。
今後も楽しみにしてますので、是非、頑張って下さい。
※ところで堤防さんはプロの料理人の方ですか?
青釣さん、こんばんは。

第1回銀輪釣行を覚えてくださってありがとうございます。
あの時は無欲でしたが結構釣れてしまいました。

自転車釣行ですが、ダイエットで始めた運動の延長でやってます。(サボるとお腹が・・)
挑戦される際はケガ等にお気をつけ下さい。(荷物が重いと膝の負担になりやすいそうです。)

あと、自分は料理人じゃないです。
釣魚で一杯で「うーむ、釣れてよかった」と満足する趣味でやっております。
-コメントの投稿-
管理者にだけ表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。